換気扇の修理や交換を行なう会社|プロが行なう室内工事

内観

迷惑になる音

住宅

ピアノ可能マンションとは

集合住宅(マンション)でピアノ可能のマンションがあります。 電子ピアノではなくアコースティックピアノ(アップライトピアノ)を 設置・演奏することができるということで、 ピアノの練習をしたい人にとっては理想的な条件です。 ピアノを設置・演奏するにあたって ご近所とのトラブル対策としてマナーとして 騒音対策をしておきたいものです。 ピアノを設置する部屋のカーペットを厚いものにする、 カーテンを厚いものにすると音を吸収してくれます。 演奏するときは窓とカーテンを閉めると 音が漏れるのを防ぐことができます。 そして、早朝・深夜は演奏を控えることです。 マンションの規定でピアノ演奏は9時から20時まで、など 決められている場合がありますので確認してみましょう。

サイレントピアノってどんなもの

騒音対策としてサイレントピアノを購入するという方法もあります。 サイレントピアノというは、 消音機能がついたアコースティックピアノ(アップライトピアノ)のことです。 弱音にするのではなく、消音にして演奏ができるのです。 ハンマーの動きを直前で止め、光センサーによって打鍵情報を読み取ります。 それが電子音源に伝えられ、サンプリングされた音が ヘッドフォンから発音されます。 夜間でも演奏することができるため、騒音対策になります。 ヘッドフォン端子は2系統整備されているため、 ヘッドフォンを2つ用意すれば演奏者と一緒にもう一人が聞くことができます。 そのため、子供が夜間に練習する場合にも騒音対策をしつつ 先生やお母さんに聞いてもらうことも可能です。しかし、どうしても従来のピアノを演奏したいのであれば騒音対策としてリフォームを施すと良いです。防音効果の高い壁にするなどして工夫をすることで、周囲をあまり気にすることなくピアノを演奏することが出来るでしょう。